ゴルフの服装とへそ出し

近頃、若い女性プロゴルファーの活躍が実際に影響しているのか、ゴルフをはじめるような女性もとても増え、ゴルフの服装に関してもさまざまな女性のニーズに応えられるようなのが出てきました。
オシャレでファッション性の高いゴルフの服装はさまざまありますが、選ぶ際のひとつのポイントとしてほしいというようなことに、実際、着丈があります。
そう。
「へそ出し」というのが、実際、ポイントなんです。
女性プロツアーのテレビ放送などを見ると良く分かるだろうと思われますが、フィニッシュの時など、人によって、実際に見える範囲がかなり違います。
一昔前は「ポロシャツの裾をボトムにしまうか否か」でかなり議論されていたようですが、近頃では「へそ出しは、一体、程度まで許されるか」に関して、ずいぶんと意見が飛び交っているみたいです。
オシャレに、脚を長く見せる感じのためにも、裾が少し短めなウェアを着たいと考えるような人もきっと多いだろうと思われます。
ですが、ちゃんと気をつけなければちょっと小高いティーグラウンドでショットを打つようなときに、おへそどころか、あるいは、かなり際どい感じのところまで見えてしまうというようなことに、実際、なりかねません。
ゴルフのプレーでかなり視線を集める感じならともかく、そういったような事柄で男性の注目を一身に浴びるなんて感じの事は、実際、避けたいです。
そうならないようなためにも、ゴルフの服装を試着するような際に関しては一度「バンザイ」をするようなことをオススメするのです。
両肩が上がりきる感じのバンザイのポーズをしてみて、大丈夫なら、フィニッシュの時にもだいたい安心です。
同じ感じの着丈でも、ウェアの素材によっては、実際、かなり見える範囲に差ができるでしょうから、前に買ったウェアはぜんぜん大丈夫だったから・・・などと言わずに、きわどい丈のウェアを選ぶ際に関してはきちんと確かめた方が、実際、確実のようです。
posted by golfman at 23:58 | ゴルフの服装(1)