レインウェアに関して

明日、ゴルフ場に予約を実際に入れてあるけど、天候は生憎の雨模様らしい・・・なんて感じのことも時にはあるだろうと思われます。
あるいは、そうでなくても、ゴルフは屋外で行う感じのスポーツですので、一気に天候が崩れてしまうようなことだったって、実際、ありえます。
そんなようなときのためにも、とレインウェアに関してはゴルフの必需品といえます。
夏場など、暑いような時期にも使用する感じのことがありますので、レインウェアは袖を切り離すようなことのできる、上下に分かれているのが、実際、良いだろうと思われます。
ゴルフメーカーのレインウェアに関しては通気性もよく、機能性も、実際、十分なんですが、価格がかなり高価なのが多かったり、あるいは、耐久性にさほど優れているとはいえない感じのものがあります。
レインウェアは、実際、そうそう何度も使用するようなものでもありませんから、メーカー品であっても型落ちしたようなものを選んだり、あるいは、釣具メーカーやキャンプメーカーのものなども少し選択の幅に入れてみるとよいだろうと思います。
そして、レインウェアの他にも、ゴルフグローブやソックスの替えに関しては、実際、必ず持っていくべきでしょう。
ゴルフクローブについては本皮商品なら3ホールに1枚くらい程度、合皮商品なら午前と午後に1枚ずつくらい程度あるとよいと思われます。
ソックスも、実際、かなりぬれますが、ラウンド中に交換するというようなことはあまりできませんので、お昼とラウンド後に交換する感じのために2枚程度の替えがあったなら、実際、十分ではないでしょうか。
そして、レインウェアを実際に着ずにも、傘だけでまったく十分だという程度の空模様であっても、ゴルフの服装の替えが必須となります。
ハーフ終了後にきちんと着替えれるように、交換用のゴルフの服装もちゃんと忘れないようにしたもんです。
posted by golfman at 23:58 | ゴルフの服装(1)