ゴルフでもウォーキングを

ゴルフは沢山歩くスポーツです。
勿論、カートはありますし、何百ヤードという感じの距離を全て歩くという訳ではありませんが、試しに万歩計を付けてゴルフコースを実際に回ってみると、日頃の生活とは全く違うような数値が出るだろうと思われます。
そんなゴルフですから、だらだらと歩くのは、実際、もったいないと少し思いませんか?
プロゴルファーを実際に見てみると、かなり姿勢良く、キリっとしたイメージで歩く人がとても多くいます。
大変かっこよく感じます。
せっかく素敵なゴルフの服装を身にまとっていても、姿勢が悪かったり、あるいは、歩く姿がだらしなければ、その醍醐味も半減してしまいます。
ウォーキングに関しては意外にもかなりの全身運動なのだそうですが、実際に関しては体の一部しか使わずに歩いているような人が殆どのようなのです。
体全体を使って歩くようなことを通して、綺麗な姿勢やボディーラインが手に入り、しかも、それを容易に維持できるようになるというような感じなんです。
しかも、ウォーキングをはじめて実際に筋力が鍛えられると、体があまりぶれなくなるとか、あるいは、回転がしっかりできるようになるとか、実際にゴルフにとってもよい感じの事尽くめのようです。
・脚をきちんと腰から出す。
・かかとから実際に着地をする。
・後ろ脚に関しては、しっかりと伸ばす。
・膝の内側が少し軽く触れるような感覚で、脚を交差させる。
・真っ直ぐ遠くを見る。
これらのようなことを意識する感じのことが、ウォーキングの秘訣のようです。
勿論、ウォーキングに関してはダイエットにも効能がありますので、ゴルフの服装を美しく着こなすためにも、是非とも歩き方を変えたいもんです。
posted by golfman at 23:58 | ゴルフの服装(2)