ゴルフ場での服装のマナー

いくらかレッスンもしたし、そろそろコースデビューをしようと思ったようなとき、気になる感じのものが持ち物などです。
ゴルフクラブセットは当然としても、ゴルフの服装や細かい持ち物等に関しては、ちょっと悩むのではないだろうかと思われます。
ゴルフ場でプレーするに際に関しては、多少のドレスコード、つまり服装のマナーが、実際、あります。
ゴルフのTV中継などを実際に見ると、選手は個性をきちんと出しつつもだいたい同じようなスタイルでプレーしているのは、そのような感じのためなんです。
紳士のスポーツと実際にいうだけあって、ゴルフはマナーがかなり重要視されるスポーツです。
プレーヤーとして品位を持つようなことがかなり重要視される感じのため、他人に不快感を与えるような服装についても、当然、良しとしません。
ゴルフだって、実際、スポーツなんだから、動きやすい感じの服装が良いのではないだろうか?とあるいは、思われる方もいると思いますが、だらしなく見えるというようなことでジャージなどは、実際、禁止されています。
そして、Tシャツやジーンズなどのラフな感じの格好に関してもマナー違反とされます。
靴もスニーカーやサンダルについても、かなり好ましくありません。
 
クラブハウスに実際に入るにあたっても、男性に関してはジャケットの着用、女性もきちんと品位を持った服装であること、プレー時に関してはちゃんと襟付きのウェアである感じのことが必須となります。
プレーをせずに、単に付き添いで行かれるというケースでも、これは同様です。
 
基本的なことに関しては、だいたい上記の通りですが、ゴルフクラブによって、実際、少し規定が違うところもあるみたいですので、コースデビューする感じの前に、一度、予定するクラブのホームページ等にて、服装の規定をきちんとチェックしてから、ゴルフの服装を準備した方が間違いがないだろうと思います。
posted by golfman at 23:58 | ゴルフの服装(1)