ゴルフ場の寒さ対策

ゴルフは1年中楽しむ感じのことのできるスポーツですが、実際、屋外で行うスポーツですので、勿論その季節によってかなり対策は異なってきます。
冬場の最重要課題に関しては、なんと言っても寒さ対策です。
長時間、屋外で実際にプレーするんですから、それなりのきちんとした格好が必須となります。
対策をきちんとしないで、寒い中で長時間のラウンドを実際に行うなどというのは、考えただけでかなり辛そうです。
しかし、いくら寒さ対策とはいっても、あまりにも厚着をしてしまうと、プレーの面から言ってもオシャレの面から言っても、あまりオススメはできません。
ひどい厚着は肩や首がかなり動きづらくなり、スコアにも、実際に影響が出てしまうからです。
冬用のゴルフの服装は勿論そういった点にもちゃんと注意されて作られています。
専門のゴルフ店に関してはゴルフの服装をはじめ、アンダーシャツやタイツなどインナーを扱っているところもかなり多くあります。
さほど高価な感じのなものは必須でありませんが、日頃より中に一枚余分に着ていると、実際、温かさがかなり違ってきますので、きちんと心がけて着るようにしたいもんです。
そして、手が少しでもかじかんでしまうと、ミスショットがかなり増えてしまいますので、温かい手袋だとか、カイロなどの準備があると良いだろうと思います。
帽子に関しても、夏場にはバイザーだけで、まったくかまいませんが、ニット帽や耳あてなどといった、防寒対策のきちんと取れる感じのものも、一緒に使うような事がかなりオススメとなります。
ちなみに、寒さのせいで、ボールが硬くなってしまうと飛距離に関しては、少し落ちてしまうそうです。
カイロなどを使って、少しボールも温めると、日頃と変わらぬ飛距離を出す感じのことができるのだそうです。
自身の防寒とも併せて、試してみるとよいだろうと思います。
posted by golfman at 23:58 | ゴルフの服装(1)