熱中症対策を

夏にゴルフをする場合、その最大の敵と言えば、熱中症です。
炎天下の見晴らしのよい屋外で、実際に長時間プレーをするんですから、きちんと対策を練っておかなければ、体調をかなり崩してしまうケースがあるのも当然です。
さまざまなトレーニングを積み重ねているようなプロゴルファーでも、ときより熱中症で倒れてしまうという感じのことがあるんですから、日頃それほど運動をする機会がないという方は、特に留意が必須となります。
体温がかなり上昇するようなことを通して熱中症は起きます。
症状としては、目眩、頭痛、あるいは、嘔吐などがあり、最悪のケース、命を落としてしまうというようなことにも、実際、つながりかねません。
熱中症の対策として、まず、もっとも大事な点は、こまめな水分補給をするということです。
脱水症状を実際に予防するという観点からも、水分補給はきちんとしなければなりません。
お茶やコーヒーなどを飲む方もいるかと思いますが、これらは利尿作用がありますので、さほどオススメできません。
汗をかいて失われたナトリウムなどのミネラルを体内に補う意味でも、スポーツドリンクが一番よいだろうと思います。
そして、アルコールに関してなんですが、アルコールというのは脱水効能があります。
沢山汗をかいたので、冷たいビールでも・・・と考えるだろうと思いますが、体調についてを思うと、最低でもホールアウトするまでは、少し我慢した方が良さそうです。
水分補給以外に関しても、有効な対策はあります。
例えば、通気性や速乾性のあるようなゴルフの服装もその一つです。
特にそういった効能のないゴルフの服装に比べると、体温調節の面でかなり有利になっていますので、ゴルフの服装を新調するような際に関しては、選択の幅に入れておいたほうがよいだろうと思われます。
ゴルフプレー中に急に体調を崩し、救急車で運ばれてしまったとあっては、楽しい筈のゴルフがまったく台無しです。
夏場、暑くなる感じのことが見込まれるような日にプレーするケースでは、十二分に留意してプレーに臨みたいもんです。
posted by golfman at 23:58 | ゴルフの服装(2)